2021年6月23日

新東工業,生産現場の設備やセンサの情報を一元管理するシステムを発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

新東工業は,生産現場の設備やマルチセンサの情報を一元管理して現場で簡単に活用できる「C-BOX™」を開発,2021年5月に発売した。同製品は,顧客がマルチベンダの無線センサリストから選択するだけで,センサデータ,モニタ画面,現場コントローラへのつなぎをセットアップ済みで提供するセミカスタムメイド製品で,生産現場の付帯設備もつなげて設備の状態をモニタ,一括制御することも可能となっている。マルチベンダの無線センサをプログラムレスでまとめ,データのモニタとコントローラの両方に活用できる。センサは,積層表示灯情報をはじめとして,あけしめセンサ,電流センサ,CO2センサなど17種類で,今後も順次拡大予定。センサデータが閾値を超えた場合に警告する機能なども内蔵している。(’21 6/23)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This