2021年6月16日

ハネウェルの新冷媒「ソルスティス® N41」が日本冷凍空調学会から不燃性冷媒の判定

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
マウンテック
アントンパール・ジャパン

ハネウェルは,同社の低GWP(地球温暖化係数)冷媒「ソルスティス® N41(R-466A)」が日本冷凍空調学会(JSRAE)の新冷媒評価委員会にて不活性ガスの条件を満足するとの判定を受けたと発表した。

同製品は,据付型空調システム(VRF)用途向けのR-410A代替として空調業界初の不燃性冷媒。この判定結果により今後国内保安規制の適用が可能となる。

同社ではR-410A代替冷媒に求められる低GWP,性能,不燃性の3つの条件を満たす冷媒であると説明している。同社の空調用途向け冷媒担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのクリス・ラピエトラ 氏は,「ソルスティスN41は,R-410Aの性能を損なうことなく環境に配慮したエネルギー効率良く置き換えるという日本や世界の冷熱機器メーカーのニーズに応える安全で経済的な代替冷媒です。空調産業が直面する多くの法規制や安全上の課題解決に特化し,現在商業化に向け準備中です。この度JSRAEの不活性ガス判定を受けたことは,世界中で行われている評価開発を前進させるでしょう。」とコメントしている。(’21 6/16)

Related Posts

Share This