2021年6月2日

ENEOS,米国における太陽光発電事業へ参画

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,アドバンスド・パワー(Advanced Power AG,本社スイス ツーク)が米国テキサス州で開発を進めている太陽光発電事業に参画することを発表した。なお、同事業の運営は事業会社であるCutlass Solar LLCが行う予定で,今回,新たに芙蓉総合リースおよびENEOSがCutlass Solar Partners LLC を通じて出資をした。

同事業は,ENEOS初の海外における太陽光発電事業への参画となる。発電容量は,同社が手掛ける太陽光発電所としては最大となる140MW(同社出資見合い持ち分容量70MW)であり,2022年後半の運転開始を予定している。

事業用地は,米国テキサス州最大の都市であるヒューストン南西約60kmに位置し,年間を通して日射量が豊富である。また,連邦政府の再生可能エネルギー促進策などによる支援があることに加え,今後人口増加に伴う電力需要の増加も見込まれている。

発電した電力はERCOT(Electricity Reliability Council of Texas)を通じた販売を予定しており,自由化で先行する米国電力市場において,同社は,海外事業経験・知見を蓄積していく予定。(’21 6/2)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOSは,同社がCO₂フリー水素サプライチェーンの構築に向けて実施する4件の実証事業が,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」として採択されたことを発表した。

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This