2021年6月2日

「ハノーバーメッセ デジタルエディション2021」がオンラインで開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE Digital Edition 2021」が2021年4月12日~16日の5日間オンラインで開催された。

主催者のドイツメッセ社CEOのJ.ケックラー 氏は,「出展者やパートナーと協力して世界で最も重要な産業ショーのコアブランドである産業変革の時代におけるイノベーション,インスピレーション,ネットワーキングを強化することに成功したことからも未来の見本市がハイブリッドであることを示した」と語っている。

1,800の参加企業が90,000人の参加登録者に10,500の製品とイノベーションを発表した。5日間のライブショーでは350万を超えるページビューがあり,会議と出展者のライブストリーミングには約14万回の視聴があった。(’21 6/2)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This