2021年5月19日

NTN,自動車用「クリープレス軸受」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNは,軸受の外輪外径面に独自開発の逃げ部加工を施すことで,クリープの停止を実現した,自動車用の「クリープレス軸受」を開発した。

同製品は,これまでのクリープ対策とは全く異なる手法で,外輪のひずみにより発生する進行波型クリープを停止させることに成功した商品で,外輪外径面の一部に逃げ部を設け,ハウジングとの接触を回避する設計としている。これにより,一定方向荷重が負荷される条件において,ひずみの進行波を遮断し,重荷重でも進行波型クリープを停止させることが可能となった。追加部品が不要なため,組み付け性に優れており,同一寸法の標準軸受からの置き換えも可能となる。

今後,EV・HEVの普及に伴い,自動車部品の小型・軽量化がますます加速する中,耐クリープ軸受のニーズはさらに高まるとみられている。(’21 5/19)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This