2021年3月10日

イグス,「イグボール GPZMダブルジョイント」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

イグスは,無潤滑・メンテナンスフリーで,柔軟性に優れた「イグボール GPZMダブルジョイント」を新たに開発した。同製品は,従来品と同様に,軽量,耐食性,長寿命であり,固体潤滑剤が配合されているため潤滑剤が不要でメンテナンスフリーとなっている。

イグス試験施設で行われたテストでは,GPZMダブルジョイントのハウジング材質RN283の弾性がイグス標準素材のイグミッドGと比較して25%高いことが実証された。このテストの際,液状化した粉塵を混入したが,弾性のある材質のため粉塵の侵入を防ぎ,機能への悪影響は無かった。金属製ボールスタッドに対する耐摩耗性に関するテストでは,RN283はポリアミドより20倍優れた摩耗係数であることも分かった。

同製品の新しいハウジング材質がボールスタッドをしっかりと包み込んで汚れの侵入を防ぎ,可動用途における信頼性を高めることに成功している。(’21 3/10)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This