2021年2月24日

ブルカージャパン,オンラインセミナー「低摩擦の実現と摩擦界面の観察」を3/11に開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部は,2021年3月11日(木)にオンラインセミナー「トライボロジーウェビナー2021~低摩擦の実現と摩擦界面の観察~」を開催する。

同ウェビナーでは,木之下 博 氏(兵庫県立大学)を招き,カーボンナノ材料を低摩擦の添加剤として用いた応用研究や、摩擦界面のその場観察の研究などについて講演する。また,同社よりトライボロジー評価装置として、多機能摩擦摩耗試験機TriboLabと評価事例を紹介する。同ウェビナーの概要や申込み・問合せ先は以下のとおり。

  • 日程:2021年3月11日(木) 13:00~15:00
  • 形式:オンラインセミナー
  • プログラム:
     13:30~13:35 ご挨拶
     13:35~14:35 【特別講演】「酸化グラフェンの低摩擦添加剤への応用と摩擦界面のその場観察」 木之下 博 氏(兵庫県立大学 工学研究科 機械工学専攻 教授)
     14:35~15:00 「多機能摩擦摩耗試験機 UMT-TriboLabのご紹介」 長谷川 勇人 氏(ブルカージャパン ナノ表面計測事業部 営業部)
  • 申し込み・問い合わせ先
     ブルカージャパン ナノ表面計測事業部 イベント担当
     TEL 03-3523-6361
     E-mail info-nano.bns.jp@bruker.com
     URL https://www.bruker-nano.jp/tribology-webinar  (’21 2/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This