2021年2月10日

日本精工,状態監視・診断ソフトウェアを用いたサービスを開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
日本精工は,コンディションモニタリング(状態監視)技術を用いた新事業の一つとして,状態監視・診断ソフトウェア「ACOUS NAVI」(アコースナビ)を用いた各種サービスを開始することを発表した。

ファナックが提供する製造業向けオープンプラットフォーム「FIELD system」に対応した状態監視・診断アプリケーション「ACOUS NAVI (FIELD system)」および「ワイヤレス振動診断器A10」の発売を2021年4月より開始する。

ACOUS NAVIは,機械要素部品の稼働状態を監視し,損傷や劣化の予兆を捉えて診断するソフトウェアで,軸受やボールねじの近傍に設置した振動センサーのデータを用いて,軸受,ボールねじの状態を診断しその結果を表示する。ワイヤレス振動診断器A10は,回転機械の状態をその場で測定・診断できる高機能な振動診断器で,軸受の診断が簡単にできる。アンドロイド機器(スマートフォンやタブレット)とBluetoothで接続して利用できる。また、これらの各種サービスを情報発信する専用Webサイトを公開している。

ACOUS NAVI専用Webサイト:https://www.acousnavi.nsk.com  (’21 2/10)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This