2021年2月10日

出光興産,オープンイノベーション拠点「会津創生センター」を開設

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産は,ICT(情報通信技術)を活用したまちづくりに取り組む福島県会津若松市のICTオフィスビル「スマートシティAiCT(アイクト)」内に,新たな地域サービスモデルの創出を目的とするオープンイノベーション拠点「会津創生センター」を開設した。

同センターは,コンピューターサイエンス領域に特化した会津大学,スマートシティAiCTに入居し活動する企業群,地元企業や同社特約販売店とともに,データ連携基盤(通称:都市OS)とICTを活用した市民参加型の新たな地域サービスモデルの創出を目指す。

具体的には,同社の新規事業開発機能を一部移管し,モビリティ,分散型エネルギー,サーキュラーエコノミー等の分野でデータとICTを活用した次世代事業につながるプロジェクトを検討,実証する。将来的には,都市OSを活用したデータ駆動型のビジネスモデルを構築し,安心・安全・便利で快適なまちづくりと地域雇用の創出を目指す。(’21 2/10)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This