2020年12月16日

日本精工,スペクトリス社のコンディション・モニタリング・システム事業を買収

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
日本精工は英国のSpectris Plc.(スペクトリス社)と,Brüel & Kjær Vibro(ブリュエル・ケアー・バイブロ,BKV)ブランドで知られるコンディション・モニタリング・システム(CMS)事業の譲渡契約を2020年12月10日に締結したと発表した。買収価格は約169百万ユーロ(約211億円)。

近年,設備や製造ラインの保全手法として,予知保全が注目されている。予知保全とは,設備や製造ラインのコンディション・モニタリング(状態監視)により,得られた情報を分析し診断することで,保全のみならず,生産性向上や品質改善への貢献が期待されている。日本精工は,買収したBKV事業を同社のCMS事業構築のプラットフォーム(土台)とする。BKVの顧客基盤,技術,信頼のブランド,CMS人材,事業開発に不可欠なビッグデータへのアクセス等を活用することで,CMS事業開発を加速させる。故障診断・余寿命診断の技術サービスを起点に,設備が抱える問題点や課題のソリューションの提供まで展開することを目指す。(’20 12/16)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This