2020年12月16日

ENEOS,北九州の再生可能エネルギーを活用したCO2フリー水素サプライチェーン実証事業の実施を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ENEOSは,北九州パワー,北九州市,福岡県,IHI,福岡酸素とともに,北九州市にて,地域の再生可能エネルギー(以下,再エネ)を有効活用したCO2フリー水素製造・供給実証事業を環境省からの委託を受けて実施することを発表した。

九州地域では,再エネの普及が進む一方,電力の需給バランスを維持するため,再エネの一時的な発電停止を求める出力制御が発生しており,電力の需給調整が課題となっている。電力の需給ギャップを埋める手段の一つとして,余剰電力を活用し,水の電気分解によって水素ガスを作るPower to Gas(P2G)が注目されている。今回の事業は,地域の余剰再エネを活用した低コストなCO2フリー水素を製造・供給・利用するモデルを構築することにより,水素の社会実装および電力の需給調整の両面に貢献することを目指すもので,具体的には,太陽光や風力,ごみ発電(バイオマス)など多様な再エネ電源の中から,エネルギーマネジメントシステムによって余剰な電力を選択的に調達することで,低コストなCO2フリー水素を製造する。製造されたCO2フリー水素は,福岡県内各地に輸送され,水素ステーションや燃料電池フォークリフトを所有する物流施設,北九州水素タウンのパイプラインなどで利用される。なお,同事業の期間は,2020年度~2022年度を予定している。(’20 12/16)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOSホールディングス,子会社によるジャパン・リニューアブル・エナジーの株式取得を発表

ENEOSホールディングスは,同社子会社のENEOSが,2021年10月11日,ゴールドマン・サックス(以下,GS)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンド及びシンガポール政府投資公社の関連会社が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー(以下,JRE)の全株式取得を決定したことを発表した。

Share This