2020年12月2日

SEMI,2020年第3四半期のシリコンウェーハ世界出荷面積を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

SEMIは,SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウェーハ業界の分析結果をもとに,2020年第3四半期(歴年)の世界シリコンウェーハ出荷面積が31億3,500万平方インチであったことを発表した。2020年第2四半期の31億5,200万平方インチから0.5%減少したが,前年同期比では6.9%の増加となった。数値は,ウェーハメーカーよりエンドユーザーに出荷された,バージンテストウェーハ,エピタキシャルウェーハを含むポリッシュドウェーハと,ノンポリッシュドウェーハを集計したもの。(’20 12/2)

Related Posts

「IVI公開シンポジウム2022 -Spring-」が開催される

「IVI公開シンポジウム2022 -Spring-」が開催される

インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(以下IVI)は,2022年3月10日~11日にタワーホール船堀(東京都江戸川区)とオンライン配信により「IVI公開シンポジウム2022 -Spring-」を開催した。

Share This