2020年11月18日

経済産業省とNEDO,「水素閣僚会議2020」が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2020年10月14日(水),「水素閣僚会議2020」をオンラインで開催した。同会議は23の国・地域・国際機関等の代表者,企業の代表者等が講演などを行い,約2800人の参加登録があった。水素製造や利活用に向けた取組を共有し,脱炭素化における水素の役割や技術開発,制度のハーモナイゼーションの必要性や一層の国際協力の強化について,認識を共有した。

閣僚セッションでは,2019年の第2回会合において水素社会に向け各国が取り組むべき具体的な行動の指針として発表した,「グローバル・アクション・アジェンダ(GAA)」に関連する各国・機関の取組の進捗をまとめたプログレスレポート(GAA Progress Report)を発表した。また,民間セッションでは,モビリティ,サプライチェーン,地域水素社会モデルの3つの分野における世界の最新動向や水素の利用拡大に向けた展望について講演が行われた。

なお,同会議の公式サイトから,会議のアーカイブ配信や講演動画を視聴できる。

公式サイト https://hem-2020.nedo.go.jp/  (’20 11/18)

アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOSホールディングス,子会社によるジャパン・リニューアブル・エナジーの株式取得を発表

ENEOSホールディングスは,同社子会社のENEOSが,2021年10月11日,ゴールドマン・サックス(以下,GS)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンド及びシンガポール政府投資公社の関連会社が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー(以下,JRE)の全株式取得を決定したことを発表した。

Share This