2020年11月4日

ENEOS,「水素バリューチェーン推進協議会」の設立準備委員会に参画

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ENEOSは,岩谷産業,川崎重工業,関西電力,神戸製鋼所,東芝,トヨタ自動車,三井住友フィナンシャルグループ,三井物産とともに,水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会」の設立準備委員会に参画したと発表した。水素は地球温暖化対策において中心的な役割を果たすことが期待されているが,9社は業種横断的かつオープンな枠組みのもと,水素サプライチェーン全体を俯瞰し,水素の社会実装を推進するための組織が必要と認識し,新団体設立の具体的な検討を開始した。同協議会は,(1)水素バリューチェーン構築のため,横断的な取組を行う,(2)水素社会の実現のため,社会実装に向けた動きを加速する,(3)金融機関と連携し,資金供給の仕組みづくりを推進する ことを目的とする。2020年12月初旬の団体設立を目指す。(’20 11/4)
アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This