2020年10月21日

BASFが中国で合成エステル系基油の生産能力を増強

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ドイツに本社を置く総合化学会社BASFは,中国の金山で合成エステル系基油の生産能力を2022年下期までに約2倍に増強すると発表した。アジア太平洋地域での冷凍機油,空調,自動車,工業用潤滑油など高性能潤滑油の需要の高まりに対応するもの。

同社アジア太平洋地域ビジネスマネージメント燃料・潤滑油ソリューション事業担当でバイス・プレジデントのマティアス・ラング氏は,「今回,合成エステル系基油の製造能力を拡大することにより,特にアジア太平洋地域のお客様への供給体制をより強化出来ます。主要な原材料を川上から統合しており,業界をリードし信頼のおける潤滑剤コンポーネントサプライヤーとしてその強みを最大限に活用していきます。お客様により良いサービスを提供し共に成長していくことを楽しみにしています。」と抱負を語っている。(’20 10/21)

Related Posts

潤滑管理セミナー「潤滑管理基本コース」を9/13にオンライン・名古屋会場でハイブリッド開催―JIPM

潤滑管理セミナー「潤滑管理基本コース」を9/13にオンライン・名古屋会場でハイブリッド開催―JIPM

日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2022年9月13日(火)にオンライン(Zoomによるライブ配信)及び名古屋大同生命ビル(名古屋市中村区)のハイブリッド開催にて潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理基本コース」を開催する。

Share This