2020年9月23日

エボニックインダストリーズ,触媒事業の成長加速に向けポロセル社を2億1,000万ドルで買収

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
エボニックインダストリーズは,触媒事業の成長を加速するため,米ポロセル・グループを2億1,000万ドルで買収することを発表した。ポロセルは,低硫黄燃料の生産用として需要が高まる脱硫触媒を高効率で再生する技術を提供している。脱硫触媒の再生は,新規に製造する場合と比較して,二酸化炭素排出量を50%以上削減でき、循環型経済を促進することができる。また、ポロセル社が有する十分な生産能力により,エボニックは固定床触媒を用いた既存事業の拡大を加速させることができる。 ポロセルのコア・コンピタンス(優位性のある中核事業)は,精製吸着剤,硫黄回収触媒に関する効率的な技術と,使用済み脱硫触媒の再生を特徴とする水素化処理事業であり,今回の買収により,エボニックは製油所や石油化学部門の主要顧客にアプローチできるようになる。 エボニックの既存の触媒ポートフォリオとポロセルの有する利用可能な生産能力が補完的に適合することにより,大きな成長の機会が見込まれ,エボニックは,2025年末までに5億ユーロを上回る大幅な売上拡大を見込んでいる。(’20 9/23)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This