2020年9月23日

エボニックインダストリーズ,触媒事業の成長加速に向けポロセル社を2億1,000万ドルで買収

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
エボニックインダストリーズは,触媒事業の成長を加速するため,米ポロセル・グループを2億1,000万ドルで買収することを発表した。ポロセルは,低硫黄燃料の生産用として需要が高まる脱硫触媒を高効率で再生する技術を提供している。脱硫触媒の再生は,新規に製造する場合と比較して,二酸化炭素排出量を50%以上削減でき、循環型経済を促進することができる。また、ポロセル社が有する十分な生産能力により,エボニックは固定床触媒を用いた既存事業の拡大を加速させることができる。 ポロセルのコア・コンピタンス(優位性のある中核事業)は,精製吸着剤,硫黄回収触媒に関する効率的な技術と,使用済み脱硫触媒の再生を特徴とする水素化処理事業であり,今回の買収により,エボニックは製油所や石油化学部門の主要顧客にアプローチできるようになる。 エボニックの既存の触媒ポートフォリオとポロセルの有する利用可能な生産能力が補完的に適合することにより,大きな成長の機会が見込まれ,エボニックは,2025年末までに5億ユーロを上回る大幅な売上拡大を見込んでいる。(’20 9/23)
アントンパール・ジャパン
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2021
2021年11月24日~26日
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo/index.html
2021洗浄総合展
2021洗浄総合展
リアル会場:2021年12月1日〜3日
オンライン会場:2021年11月24日〜12月10日

Related Posts

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOS,CO₂フリー水素サプライチェーン構築の実証事業4件がグリーンイノベーション基金事業に採択

ENEOSは,同社がCO₂フリー水素サプライチェーンの構築に向けて実施する4件の実証事業が,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築プロジェクト」として採択されたことを発表した。

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産など6社,環境省の「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に採択

出光興産,東芝エネルギーシステムズ,東洋エンジニアリング,東芝,日本CCS調査,全日本空輸は,環境省地球環境局が公募した2021年度「二酸化炭素の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」において,「人工光合成技術を用いた電解による地域のCO₂資源化検討事業」を提案し,同提案が委託事業として採択されたことを発表した。

Share This