2020年7月22日

政府,「国土強靱化年次計画2020」を策定

アーステック
共催セミナー

政府は,「国土強靱化年次計画2020」を策定した。同年次計画は,「国土強靱化基本計画」に基づき,45のプログラムごとに当該年度に取り組むべき主要施策等をとりまとめるとともに,定量的な指標により進捗を管理し,施策の着実な推進を図るもので,2014年から策定されている。

2020年度は,堤防整備・強化や河道掘削,ダム,大規模地下貯留施設整備,重要なインフラ施設などを保全する土砂災害対策,土砂・洪水氾濫対策等の事前防災,防災気象情報の高度化や,災害派遣医療チーム(DMAT)・災害派遣精神医療チーム(DPAT)・緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)の養成,技術職員の充実,AIやビッグデータ,ロボット・ドローン技術,衛星データの活用などを主要施策として設定した。

また,昨年の災害を踏まえ,長期停電,通信障害,避難行動への対応や,電力供給の早期復旧体制強化,気候変動を踏まえた流域全体で行う「流域治水」への転換,災害時における新型コロナウイルス感染症への対応など,新たな取り組みを追加した。(’20 7/22)

Related Posts

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

日本とアジア約22,000社の会員を有し,製造業ビジネスマッチングプラットフォーム「エミダス」を運営するNCネットワークは,大手メーカーの試作開発パートナーや調達先探しに特化した工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能として,大手メーカーが探している案件を中小製造業に発信(リクエスト)し,案件に提案(応募)ができる「リクエスト機能」をリリースした。

Share This