2020年7月1日

キャプテンインダストリーズ,スピンドルの国内メンテナンス拠点を拡大

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

キャプテンインダストリーズは,FISCHER Spindle Group AG(フィッシャースピンドルグループ)製スピンドルのメンテナンス事業のサービス拠点を拡充,「フィッシャースピンドル・メンテナンスセンター」として大型スピンドルや特殊スピンドルへの対応を開始した。

昨今の急速な工作機械の自動化や高速化により,スピンドルの精度も向上してきており,定期的なメンテナンスや故障修理により,新品購入よりも低コストに性能維持を図るという動きが一段と強まっている。

同社はFISCHER Spindleの日本総代理店として,2010年から国内販売とメンテナンスを行っている。メンテナンスを通じて,加工方法や条件提案など,情報・サービスを提供していく。また,FISCHER Spindleへの日本市場向け商品開発のフィードバックなどにも活かしていく。(’20 7/1)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This