2020年6月24日

新東工業,粉塵火災リスクを減らす「難燃性カートリッジフィルタ-FRシリーズ」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

新東工業は,安全性の向上を目指し粉塵火災ゼロに挑戦しており,“今日からすぐできる火災防止対策”として,集塵機用のカートリッジフィルタ「難燃性カートリッジフィルタ-FRシリーズ」を開発した。

同フィルタは,溶接工程やレーザー・プラズマ切断加工機などの汎用集塵装置用途向けに開発した商品。フィルタ素材自体の難燃性を高めるとともに,フィルタ表面に付着した可燃性粉じんの延焼抑制もできる高い性能を持つ。なお,燃焼性に関する試験(UL94V)の結果,最高評価(V-0)をクリアし,万一の火災発生時にも最小限の被害に抑制することができる。また,同社標準フィルタを完全互換としているため,取り換えるだけで,効果的な火災防止対策を実現することができる。(’20 6/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This