2020年6月10日

SEMI,2020年第1四半期のシリコンウェーハ世界出荷面積を発表

アーステック
共催セミナー

SEMIは,SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウェーハ業界の分析結果をもとに,2020年第1四半期(歴年)の世界シリコンウェーハ出荷面積が29億2,000万平方インチであったことを発表した。2019年第4四半期の28億4,400万平方インチから2.7%増加したが,前年同期比では4.3%減少している。数値は,ウェーハメーカーよりエンドユーザーに出荷された,バージンテストウェーハ,エピタキシャルウェーハを含むポリッシュドウェーハと,ノンポリッシュドウェーハを集計したもの。

シリコンウェーハは半導体の基本材料であり,半導体は,コンピューター,通信機器,家電をはじめとするあらゆるエレクトロニクス関連製品においてきわめて重要な部品である。(’20 6/10)

Related Posts

「HVAC&R JAPAN 2024」開催される

「HVAC&R JAPAN 2024」開催される

2024年1月30日(火)~2月2日(金)の4日間,東京ビッグサイト東展示棟(東京都江東区)で,「HVAC&R JAPAN(ヒーバックアンドアールジャパン) 2024(第43回冷凍・空調・暖房展)」(主催:日本冷凍空調工業会)が開催され,4日間合計で33,513名が来場した。

Share This