2020年4月22日

JXTGエネルギー,Virta社と電気自動車向け充電プラットフォーム構築に向けた協業検討を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

JXTGエネルギーは,フィンランドのスタートアップ企業Liikennevirta Oy(リイケネビルタ オユ,Virta(ビルタ)社)へ出資し,協業検討を開始したと発表した。

Virta社は,電気自動車(EV)へ遠隔制御でスマート充電する機能,EVユーザーの認証・決済機能等を統合したプラットフォーム「EV充電プラットフォーム」技術を有している。JXTGは,全国約13,000ヵ所のサービスステーションネットワークの強みを活かした新たなモビリティサービス事業の創出を目指しており,その一環としてEV関連サービスの検討を進めている。両社は主に,Virta社のクラウドベースのEV充電プラットフォームにより,EV充電の順序や速度を最適に制御するスマート充電や,太陽光や風力などの再生可能エネルギーからの出力を電力需要とバランスさせるための蓄電池として活用するなど,EVと再生可能エネルギーの連携について協業を検討する。(’20 4/22)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This