2020年4月8日

ダウ,手指消毒剤の生産を拡大

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

COVID-19(新型コロナウイルス)の影響により,世界的に必要とされる医療・衛生用品が不足している。ダウは,世界中の自社設備を活用した手指消毒剤の生産能力を評価した結果,アメリカのアーバーン,サウスチャールストン,ベルギーのスネッフ,ブラジルのオルトランジアの生産拠点において,必要な原料が取り扱われ,調合,包装する能力があることがわかったため,手指消毒剤の生産を開始すると発表した。すでにドイツのスターデで生産しており,5つの生産拠点で消毒剤を生産することになる。同社は通常,手指消毒剤の生産を行っていないが,必要な原料の大部分は同社拠点において容易に入手でき,また同社設備の柔軟性により,通常操業にほぼ影響を与えることなく相当量の消毒剤を生産することが可能。これらの拠点でフル生産が行われると,生産量は8オンスボトル88万本以上に相当する44万ポンド(200t)超に達する見込み。手指消毒剤の生産は,今回発表された4つの生産拠点において約4週間で行われ,その後は原料の入手状況と市場のニーズに基づいて生産の延長を判断する。

生産予定の消毒剤のうち大半は,医療システムおよび政府機関に寄贈,配布される。(’20 4/8)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This