2020年4月8日

ヤマシンフィルタ,ナノファイバーを使用したマスク・インナーシートの市販を検討

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ヤマシンフィルタは,独自開発の合成高分子系ナノファイバー「YAMASHIN Nano Filter」を用いたマスクおよび既存のマスクに挟み込んで使うインナーシートを社内向けに開発・製造しているが,市販を視野に量産供給体制を確立する。同素材は,一般化学繊維の1/10以下の微細な繊維(平均繊維径約500nm)を立体構造化したもので,建設機械用油圧フィルタに用いるための新素材として開発したが,その超高捕集効率と性能持続性の高さに着目,マスク用インナーシートを開発した。一般的なマスクは静電気により微細粒子を捕集するため,呼気に含まれる水分の付着や使用時間の経過により,捕集性能は大幅に低下するが,同素材は帯電がないため,捕集性能が長時間保持される。

同社では,同素材を使用したマスクおよびインナーシートの量産について,事業パートナー・提携先を広く求めている。お問い合わせは,以下のURLより。
http://www.yamashin-filter.co.jp/ja/business/apparel.html  (’20 4/8)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This