2020年4月8日

トヨタ自動車とNTT,業務資本提携に合意

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

トヨタ自動車とNTTは,両社の取締役会において,両社間で価値観を共有し社会の発展をめざすコアなパートナーとして,住民のニーズに応じて進化し続けるスマートシティの実現をめざし,業務資本提携を2020年3月24日に締結した。両社は第三者割当による自己株式の処分により,互いの株式を取得する形で相互に2000億円を出資する。

両社は,コネクティッドカー分野での協業を行ってきたが,これまで培ってきた事業基盤の更なる強化に努めるだけでなく,両社の更なる協力関係構築により,持続的成長を可能とする新しい価値創造に取り組んでいく必要があると考えている。中でも,先進的技術の活用により,都市や地域の機能やサービスを効率化・高度化し,各種課題の解決を図るとともに,快適性や利便性を含めた新たな価値を創出するスマートシティ事業を,今後注力する重要な領域の一つと捉えている。

両社は,スマートシティにおいて,ヒト・クルマ・イエ,また住民・企業・自治体等に係る生活,ビジネス及びインフラ・公共サービス等の全ての領域への価値提供を行う「スマートシティプラットフォーム」を共同で構築し,先行ケースとして,まずは静岡県裾野市東富士エリア(Woven City:トヨタ自動車のスマートシティ実証都市)と東京都港区品川エリア(品川駅前のNTT街区の一部)にて実装し,その後連鎖的に他都市へ展開を図っていく予定。(’20 4/8)

Related Posts

Share This