2019年10月16日

キャプテンインダストリーズ,工作機械上での非接触計測が可能なレーザースキャナーを販売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 キャプテンインダストリーズは,計測対象物の表面をレーザースキャン技術により非接触かつ短時間で計測してデータを取得できるHEXAGON社製の工作機械用レーザースキャナー「LS-C-5.8」を販売する。

 同製品は,1秒間に36,000点の測定が可能。タッチ式プローブで36,000点を測定すると約20時間かかる(1点/2秒換算)。また,非接触式のため傷がつきやすい仕上げ面,硬度が低い面,接触すると変形する材質等に極めて有効。小径の穴が多数個開いている計測も効率が上がる。ブルーラインレーザーを搭載しており,光沢のある表面でも暗い表面でもデータを迅速かつ正確に取り入れる。コンパクトなデザインは干渉も少なく工作機械の移動範囲を網羅できる。容易で機能性の高いソフトウェアは,ファナック,シーメンス,ハイデンハインのコントローラーに対応している。2020年1月の出荷開始を予定している。(’19 10/16)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This