2019年9月11日

NTTドコモ,ノキア,オムロン,製造現場における5G活用実証実験に合意

アーステック
共催セミナー

 NTTドコモ,ノキアグループ,オムロンは,工場などの製造現場における第5世代移動通信方式(5G)を活用した共同実証実験を実施することに合意した。

 製造業では,熟練工不足や多品種少量生産などの課題解決に,IoTによるデータ活用で生産性を向上させる取り組みが進んでおり,無線化による要求は高い。しかし,工場では人やモノが動くことによる環境変化や,機器から発信されるノイズなど,安定した信頼性の高い無線品質を確保するには多くの課題もある。この実証実験を通じて,高速・大容量,低遅延,同時接続といった5Gの有用性と可能性を共同で評価し,製造業が直面する課題の解決と,将来の製造現場で求められる通信技術の発展を目指す。

 ニーズが多様化し製品サイクルが短期化するなか,大容量,低遅延の5Gの特徴を活かし,製造設備を無線ネットワーク化し自動搬送ロボットを組み合わせるレイアウトフリー生産ラインや,製造設備のデータや作業者の動きの映像データなどを収集し,AIで解析するAI / IoTによるリアルタイムコーチングなどのユースケースが考えられている。

 5G活用実証実験において,ドコモは「5G装置を活用した実証実験の実施に関わる技術的知見の提供」,ノキアは「5G基地局を含むプラットフォームの提供,ノキアベル研究所の先端技術や知見の提供」,オムロンは「ファクトリーオートメーション機器および制御技術や製造業における知見,自社工場での実験環境の提供」を行う。(’19 9/11)

Related Posts

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

日本とアジア約22,000社の会員を有し,製造業ビジネスマッチングプラットフォーム「エミダス」を運営するNCネットワークは,大手メーカーの試作開発パートナーや調達先探しに特化した工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能として,大手メーカーが探している案件を中小製造業に発信(リクエスト)し,案件に提案(応募)ができる「リクエスト機能」をリリースした。

Share This