2018年10月24日

日本産業洗浄協議会,「2018洗浄総合展」で「産業洗浄優秀新製品賞」を表彰

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
日本産業洗浄協議会は2018年10月17日(水),「2018洗浄総合展」の「第5回JICC産業洗浄 洗浄ビジネスセミナー」で「2018年産業洗浄優秀新製品賞」の受賞製品を発表した。 産業洗浄優秀新製品賞(JICC Best New Product Award)は,工業部品洗浄にかかわる地球環境保護および技術振興を図り,日本の産業の発展に寄与することを目的として2015年度より設けられた。2018年度は新規性・独創性に富む以下の6製品が受賞した。同賞を受賞した製品には,同賞のロゴマーク(写真)を無料で使用することができる。 受賞製品名と会社名は以下のとおり。 <受賞製品(順不同)>
  • 次世代フッ素系溶剤「AMOREA ASシリーズ」…AGC
  • 真空電解超音波洗浄機「VAC ELIOS」…クリンビー
  • グリス除去機「Guri Guri (グリグリ)」…ジャパン・フィールド
  • ミストコレクター「ミストレーサー CRMHタイプ」シリーズ…昭和電機
  • 有機溶剤ガス回収装置「REARTH SシリーズF型」…モリカワ
  • 水系シャワー洗浄機「スマートスピン MSSP-200MX」…森合精機
また,この表彰の後,「改正オゾン層保護法」について,「JICCの活動紹介」,体験談「洗浄技術検定1級に合格して」のそれぞれが発表された。(’18 10/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This