2018年10月24日

「第11回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
日本トライボロジー学会の会員提案研究会「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2018年10月16日(火),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第11回研究会を開催した。 「工作機械とトライボロジーに関する大学における最新研究」というテーマで,大学から以下の4件の発表があった。
  • 「切削と摩擦を利用したダイヤモンドとサファイアの加工」 中本 剛 氏(千葉大学)
  • 「熱変形抑制エアスピンドルと微細加工への機能付加」 吉岡 勇人 氏(東京工業大学)
  • 「自動車部品の摩擦低減に関する表面改質技術」 宇佐美 初彦 氏(名城大学)
  • 「工作機械のIoT化・インテリジェント化に向けたAEセンシング研究」 長谷 亜蘭 氏(埼玉工業大学)
各種工業製品を作り出す上で工作機械は基盤的な役割を担っている。特に,主軸や案内面,各種加工作業,省エネルギー等では,トライボロジーが重要な役割を果たしている。 同研究会は,参加する会員の課題や成果の討論を通して,工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与すると共に,日本の工作機械の技術が今後も世界のトップクラスを維持していく一助とするために2015年1月に設立された。(’18 10/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This