2018年5月16日

「4月28日は洗車の日」イベントが開催される

アーステック
共催セミナー

 オートアフターマーケット活性化連合(AAAL)は,2018年4月21日~22日にスーパーオートバックスかしわ沼南店(千葉県柏市)で「2018年洗車の日」キャンペーンを開催した。洗車の日は4月28日で,カー用品店などオートアフターマーケットに関わるメーカーや小売店などが加盟する団体のAAALが,自動車保有台数の減少や若者の車離れなどに対して,洗車をきっかけにクルマに触れる機会を増やすことを目的に2008年から開始し今年10年目となるもの。4月28日はヨイツヤのゴロ合わせで,「洗車を行い,愛車を良い艶をもったクルマにしよう」という願いが込められている。
 当日は入口のエントランスで洗車に関連するクリーナーやワックス,コーティング剤などのメーカー11社がブースを出展し,商品の実演やデモと共にプロが商品の使い方や疑問に答えた。またゲームや抽選会など趣向をこらし家族連れなどの来店者と楽しい時間を過ごした。
日本オートケミカル工業会(JACA)の渕田 昌嗣 理事(AAAL洗車の日委員会委員長)は,「カー用品業界が製販一体となって盛り上がり協力することで10回を迎えることが出来た。今後も継続して行きたい」。全国自動車用品工業会(JAAMA)の西脇 保彦 理事長は「洗車の日を通して日本中のクルマが綺麗になるという文化になると良い。今年10年目を迎えたが更に20年に向けて活動することが大切」。AAALの住野 公一 代表は,「これまで洗車の日はクルマを洗う日と考える人が多かった。洗車の日はクルマに手を入れる日でオイルも綺麗にし,傷を治すといった日にして行きたい」と抱負を語った。
 10年経って業界の盛り上がりを感じており,これまでカー用品店を中心にキャンペーンをしてきたが今後はホームセンターやガソリンスタンドなどへ広げて行きたいという。(’18 5/16)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This