2017年5月10日

ノリタケカンパニーリミテド,超硬丸鋸切断機を発売

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 ノリタケカンパニーリミテドは,自動車部品などで使用されるアルミニウム鋳造品の湯口を丸鋸で切断する,超硬丸鋸切断機「シンカットマスター」の発売を開始した。
 同製品は,超硬の丸鋸を高速回転することで,切断にかかる時間を従来の1/6(4時間から30分)へと大幅に短縮した。また,ワークの設置や切断すき間へのクサビ投入,切粉の回収をNC制御により自動化したことで無人運転が可能となった。鋸駆動を独立制御することで自在な鋸送り駆動を可能とし,あらゆる大きさや形状のワークに対応できる。
 アルミニウムの鋳造品は,大型かつ複雑な形状なものが多く,特に湯口部分の切断には専用の装置や工具が必要となるため,コストが高く,装置入替を頻繁に行うことができず生産効率の向上に課題があった。(’17 5/10)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This