2017年2月8日

三菱重工業,北米オイル&ガス業界向け事業を拡大

アーステック

 三菱重工業は,北米市場におけるオイル&ガス業界向けの事業拡大を狙いとして,現地統括法人の米国三菱重工業内に専門部署「オイル&ガスディビジョン」を発足した。
 LNG関連設備や石油化学プラントなど幅広い需要にきめ細かく応えるため,コンプレッサーやガスタービンなど同社グループが手掛ける多様な製品についての取りまとめ機能を強化することで,市場の上流から下流までワンストップでのソリューションを提供する。
 同部署では今後,コンプレッサーおよびタービンを,浮体式生産設備,LNG液化施設,各種プラントモジュール,CO2回収設備,ガス精製設備といった成長分野に積極的に提案し,北米市場の深耕をはかっていく。(’17 2/1)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This