2017年2月8日

豊田自動織機,小型車向けの新型ベーン式コンプレッサーを開発

アーステック

 豊田自動織機は,新型の固定容量型ベーン式コンプレッサーを開発した。同製品は,2017年1月にスズキが発売した「新型スイフト」に搭載されている。
 小型軽量で耐久性に優れる固定容量型コンプレッサーは小型車・軽自動車を中心に広く使用されており,とくにベーン式は構造がシンプルで搭載性に優れている。
 同社が今回開発したベーン式コンプレッサーは,高精度加工による機能部品の一体化を図ることで,部品点数削減を実現し,軽自動車向けの従来の容量から小型車向けに20%大容量化しながらも,体格アップを抑えクラス最軽量を達成した。同製品は,同社大府工場に設置された新ラインで生産しており,今後,採用車種の拡大により販売台数の増加を目指す。(’17 2/1)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This