2017年1月25日

2016年11月の環境装置の受注実績

アーステック

 日本産業機械工業会が発表した2016年11月の環境装置の受注実績は,前年同月比34.6%増の419億5,600万円だった。内需は,製造業向けが同66.5%減の30億6,700万円,非製造業向けが同71.5%減の15億5,800万円,官公需が同132.8%増の361億200万円。外需は同17.8%増の12億2,900万円だった。装置別では,大気汚染防止装置が同33.1%減の16億3,000万円,水質汚濁防止装置が同10.0%減の138億9,300万円,ごみ処理装置が同99.0%増の263億3,800万円,騒音振動防止装置が同35.7%増の9,500万円。(’17 1/25)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This