2017年1月25日

2016年新車販売,トヨタ「プリウス」が首位

アーステック

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2016年の車名別新車販売統計によると,トヨタの「プリウス」が前年比94.9%増の24万8,258台となり,首位となった。2位がホンダの「N-BOX」で同0.8%増の18万6,367台,3位がトヨタの「アクア」で同22.0%減の16万8,208台,4位がダイハツの「タント」で同1.1%減の15万5,998台,5位がトヨタの「シエンタ」で同96.9%増の12万5,832台,6位が日産の「デイズ」で同29.8%減の10万5,731台,7位がホンダの「フィット」で同11.8%減の10万5,662台,8位がダイハツの「ムーヴ」で同15.2%減の10万2,410台,9位が日産の「ノート」で同4.5%増の10万2,402台,10位がスズキの「アルト」で同8.8%減の9万9,715台。HV車と軽自動車が上位を占める結果となった。(’17 1/25)

Related Posts

Share This