2014年6月4日

アズビル,液体流量計の流量範囲拡大認定を取得

アーステック
共催セミナー

 アズビルは,2014年4月17日付でアズビル京都内にある同社技術標準部計測標準グループ京都校正チームが,JCSS(Japan Calibration Service System)校正事業者として登録されている液体流量計の区分において,流量範囲拡大の認定を取得した。JCSSは,計量法に基づき,計測や品質管理の信頼性を確保することを目的に導入された校正事業者を登録する制度。同社は,2011年4月に液体流量計におけるJCSS校正事業者として流量範囲0.09~650m3/hで登録されたが,今回,0.002~5090m3/hに拡大して認定された。1200m3/hを超える流量のJCSS校正の登録は国内初で,かつ0.002~1200m3/hの流量範囲を超えるJCSS校正を1社で対応できる唯一の事業者となる。(’14 6/4)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This