2024年4月17日

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

アーステック
共催セミナー

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

砥粒による超精密加工は,ダイヤモンドなどの砥粒粒子の大きさに依存するため,加工精度の下限が決まってくる。これに対して,レーザ加工・プラズマ加工・荷電粒子加工などのエネルギービーム加工は砥粒の制約を受けることがない。これまで,エネルギービーム加工は,滑らかに加工できない加工法として位置付けられてきたが,精密にエネルギーを絞る技術なども進歩しており,かつてよりも精密な加工を実現しつつある。今回は,現在のエネルギービーム加工技術がどの程度進み,平滑に平面や曲面を加工できるかについて,その動向を学ぶため,レーザ加工・プラズマ加工・荷電粒子加工などのエネルギービーム加工の最新技術の講演が行われる。

同研究会の概要や,申し込みなど問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2024年5月10日 (金) 13:00~17:00
  • 会場:対面開催とWebのハイブリッド形式
    <対面>千葉工業大学 津田沼キャンパス(千葉県習志野市)
    <Web>Cisco Webex Meeting
  • 参加費:
    次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会 会員 無料
    非会員企業 15,400円
    非会員アカデミア 6,600円

  • 申込締切日:2024年4月25日(木)
  • プログラム
    講演1「大面積電子ビーム照射による表面平滑化技術について」 篠永 東吾 氏(岡山大学)
    講演2「高エネルギービームを応用した加工の基礎と最新事例」 和泉 健藏 氏(東成エレクトロビーム)
    講演3「イオンビームを用いた光学面の超精密加工技術」 瀧野 日出雄 氏(千葉工業大学)
    講演4「ワイヤ放電加工の高精度加工技術について」 田﨑 圭祐 氏(西部電機)
  • 問合せ・申込先:
    https://jsat-sf.jp/event.html
    砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会事務局 田附 宙美 氏
    FAX 048-858-3709  E-mail:sf-office@mech.saitama-u.ac.jp  (’24 4/17)

Related Posts

Share This