2024年4月3日

NTN,アルミ複合型樹脂すべりねじの販売を開始

アーステック

NTNは,アルミ合金と独自のPPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂複合材料を一体成形したアルミ複合型樹脂すべりねじを開発,販売を開始した。樹脂すべりねじが持つ静粛性やグリースレスなどの特長に加えて,優れた耐荷重性と耐久性,放熱性を備えたアルミ複合型樹脂すべりねじを高速移動用途や高荷重領域に対応するシリーズ商品として,医療機器や半導体製造装置をはじめとする幅広い用途に向けて提案を進めていく。

同商品はアルミ合金製の基材とPPS樹脂複合材料を一体成形した複合ナットを用いており,アルミ合金に特殊表面処理を施すことで樹脂との高い密着性を実現している。樹脂単体型と同様の各種サイズに対応する商品としてシリーズ化しているため,置き換えはもちろん高速移動や高荷重領域など幅広い環境下で使用できる。(’24 4/3)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This