2024年3月27日

出光興産,北海道製油所プロダクションセンターのZEB化工事を開始

アーステック

出光興産は,北海道製油所の操業機能を集中管理するプロダクションセンター(以下,PC)を,ZEB(Net Zero Energy Building:年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建築物)化する。着工は2024年2月5日,3月にBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)申請を行い,完工は2025年12月の予定となっている。

PCは,原油の受け入れから製品の出荷までの操業機能を集中管理しており,定期補修期間以外は昼夜を問わず常時稼働しているため,消費エネルギー量は製油所内の他の建物よりも大きくなる。日本では2050年カーボンニュートラル達成に向けた目標の一つとして,業務部門(事務所ビル,商業施設などの建物)における2030年度のエネルギー起源CO₂排出量の2013年度比51%削減が設定されている。同社は操業に伴い多くのエネルギーを消費するPCのZEB化改修を通し,この目標の実現に貢献していく。具体的には,PCで使用する空調・換気・給湯・照明を高効率な機器へ更新すること,ソーラーパネル新設による消費エネルギー以上の創エネルギーの実現を予定している。(’24 3/27)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This