2023年8月30日

NTN,「NTNポータブル異常検知装置」を使用した軸受の診断レポートビジネスを開始

アーステック

NTNは,軸受の異常を検知する「NTNポータブル異常検知装置」の測定・分析データに基づく診断結果を報告するレポートビジネスを開始した。機械保全を行う顧客に診断レポートを提供し,機械保全の信頼性向上と工数削減,安定稼働に貢献する。

同商品は,設備の振動測定や周波数分析を行うことにより,軸受の異常検知や損傷部位の推定を可能とするデバイス。手のひらサイズのコンパクトさで,振動や異音が気になる設備に取り付けることによりその場で測定と分析をし,専用アプリをインストールしたスマートデバイスでデータの解析や管理をすることができるため,設備の振動の原因を効率的に調べることができる。

同社は,同商品を用いた機械保全の効率化に加え,機械保全の信頼性をさらに向上させたいという顧客からの要望により,測定データを基にした診断レポートビジネスを開始した。軸受メーカとしての専門知識やノウハウを持つ同社が顧客のデータを分析し,詳細な診断結果をレポートとして提供する。

同社は,回転動作が伴うモータやポンプなどの設備を中心に同サービスを展開し,機械保全の信頼性向上と設備の安定稼働に貢献していく。(’23 8/30)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This