2023年7月12日

ADEKA,千葉工場にて最先端フォトレジスト向け光酸発生剤生産設備が竣工

アーステック

ADEKAは,千葉工場で建設中であったEUV(極端紫外線)フォトレジスト向け光酸発生剤の生産設備が竣工したと発表した。

同社グループでは,主力製品である半導体メモリ向け材料や,近年ニーズが高まっているロジック半導体向けの微細化に欠かせない先端材料の提供を通じて,情報・電子化学品の事業拡大を進めており,同設備の建設を進めていた。ロジック半導体向となる,先端リソグラフィ工程で使用されるフォトレジスト向け光酸発生剤「アデカアークルズ」シリーズは,光制御技術とメタル管理技術で販売が伸長している。竣工した同設備の生産能力は,従来の2倍以上となる。また,新たなプロセス技術を投入したほか,品質管理能力の向上により1ppb未満の低メタル管理を実現できるほか,次世代向け新製品を想定した生産設備も導入している。同設備は2023年8月より稼働予定。(’23 7/12)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This