2023年5月31日

イグス,エナジーチェーン破損検知システム「i.Sense EC.B」を開発

アーステック

イグスは,新しい樹脂ワイヤーセンサーを備えたエナジーチェーン破損検知システム「i.Sense EC.B」を開発した。

同社は,エナジーチェーンの状態監視のため,長いストロークでも破損の兆候を即座に検知できるi.Sense EC.Bシステムを提供している。今回,新しい樹脂ワイヤーセンサーの採用により,1つのセンサーで本体長35m以上のチェーン状態監視が可能となった。これにより従来35m以上では移動端と固定端両側に必要であった2セットのセンサー設置が移動端のみとなり,イニシャルコストの低減とよりロングなストロークでの検知精度が向上した。

新しい樹脂ワイヤーセンサーは,測定距離の延長に加えて,高い耐候性と堅牢性が特長で,屋外用途に適する。また,i.Sense EC.Bにより最適なメンテナンスのタイミングが明確になり,交換部品・作業人件費・機械停止時間の削減にともなうメンテナンスコストの低減も期待できる。(’23 5/31)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This