2023年5月31日

ENEOS,サントリー,協栄産業,SSで使用済みペットボトル回収・再資源化の実証を開始

アーステック

ENEOSは,サントリー食品インターナショナルおよび協栄産業と協働し,神奈川県川崎市内6ヵ所と栃木県宇都宮市内5ヵ所のENEOSサービスステーション(以下,SS)において,使用済みペットボトルの回収・再資源化の実証を開始した。

また,同実証に際し,実証SSが立地する川崎市において,同市のプラスチック循環に関わる官民連携プロジェクトの「かわさきプラスチック循環プロジェクト」へ参画した。

今回開始する実証では,SSネットワークを活用した対象となる使用済みペットボトルの回収,ならびに,回収した対象ボトルの再資源化・再製品化および再商品化という水平リサイクルチェーン構築の実現可能性について検証する。

具体的には,ENEOSのSSにおいて回収された対象ボトルが,協栄産業による再資源・再製品化を経てリサイクルPET樹脂へと生まれ変わり,2030年のサステナブルボトル100%化の取り組みを掲げるサントリーの飲料向けリサイクルペットボトルとして利用される。(’23 5/31)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This