2023年2月15日

イグス,「ドライリンT ミニチュアガイドキャリッジ」を開発

アーステック

イグスは,スライド部に新材質「イグリデュールE3」を使用し,低騒音,耐汚性,メンテナンスフリーを実現した「ドライリンT ミニチュアガイドキャリッジ」を開発した。

同製品は,新材質のスライド部を備えることで,非常に滑らかな走行と設計自由度の向上を実現した。動作点に依存するが,摩擦係数は約0.16で,同社の標準材質と比較して最大40%改善された。それに伴い,必要駆動力は最大40%の低減,電動アプリケーションでは40%のエネルギー節約を可能とした。また,設計基準の2:1ルールを3:1に拡張することで,リニアガイドの設計自由度を向上させた。

同製品は3つのサイズ(幅 20mm,27mm,32mm)で提供しており,医薬研究設備から治具製作などの用途に使用できる。(’23 2/15)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This