2023年2月8日

三洋化成工業が生分解性と潤滑性に優れる水溶性PAG系潤滑油基剤を開発

アーステック

三洋化成工業は,生分解性と潤滑性に優れる水溶性ポリアルキレングリコール(以下,PAG)系潤滑油基剤「エクセビオール」を開発したことを発表した。

生分解性潤滑油は合成エステル系やPAG系が主流だが水に溶けづらい,加水分解といった課題から潤滑油基剤で生分解性,潤滑性,水溶性を同時に満足させることが困難だった。同社がもつ,界面制御,高分子設計,アルキレンオキサイド付加(AOA)製造の技術により開発に成功した。

同基剤は水溶性が高く,水と容易に混合し経時的に加水分解しないことから均一液状が維持できる。油膜を形成しないことから自然環境に漏洩した場合にも油膜による河川,海洋汚染や草木への周辺汚染がない。また優れた潤滑性能を有しておりユーザーニーズに応じて粘度特性をカスタマイズ可能なため様々な用途での潤滑油基剤として期待出来る。

今後は風力発電などの海洋エネルギー関連やスクリュー等船舶の動力源,農機,建機など屋外用途向けなどに2023年度中の製品化を目指す。(’23 2/8)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This