2023年1月18日

ポリプラ・エボニック,バイオガス精製プラントにバイオガス用分離膜が採用され運転稼働中

アーステック

ポリプラ・エボニックのバイオガス用分離膜「SEPURAN® Green」が,東京ガスエンジニアリングソリューションズのバイオガス精製設備に採用され,鹿児島市の南部清掃工場内で順調に稼働している。

2050年までのカーボンニュートラル化に向けて,都市ガス各社はバイオガスの導入も積極的に検討を進めている。国内ではバイオガスは発電に使われることが多いが,都市ガスの原料にすれば貯蔵しやすく,無駄なく活用できるメリットがあり,海外では既にCNG車の燃料や都市ガス代替として導管注入されているケースが多く存在する。「SEPURAN® Green」膜は,高い分離性能と処理能力を兼ねた分離膜として,高い生産性を持つ事から,既に海外では700件以上の導入実績がある。膜分離は他の分離技術に比べて,運転に必要なエネルギーが少なく,ランニングコストが安く,単純な操作で設置面積も小さくコンパクトな設備にする事ができる。

今回受注した精製設備は,鹿児島市のごみ焼却場のバイオガス施設に導入され,バイオガスを精製し,精製後に地元のガス会社へ供給され,都市ガスの原料として利用される。ごみ焼却場のバイオガスを都市ガスの原料とし,ガス会社へ販売する事例は,国内で初めての取組みであり,しかも国内最大級の規模となる。(’23 1/18)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This