2022年11月22日

BASF,中国・湛江の新たな統合生産拠点にネオペンチルグリコール工場を建設

アーステック

BASFは,中国の広東省湛江市(タンコウ市)の新たなフェアブント(統合生産拠点)に,年産能力8万tの世界最大級のネオペンチルグリコール(NPG)工場を新設する。2025年第4四半期に稼働予定の新工場によって,同社は世界におけるNPG生産能力を年間255,000tから335,000tに増強し,世界有数のNPGメーカーとしての地位を強化する。現在,同社は,ドイツのルートヴィッヒスハーフェン,米国のテキサス州フリーポート,中国の江蘇省南京市と吉林省吉林市にNPGの生産施設を保有している。

同社は,湛江市にNPG工場を建設することで,アジア,特に中国の粉体塗料分野の需要に対応できるようになるとしている。(’22 11/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This