2022年10月19日

ダウとミュラテクノロジー,ドイツ・ベーレンのダウ拠点にアドバンスドリサイクル施設の設置を計画

アーステック

ダウとミュラテクノロジーは,世界のプラスチック廃棄物問題の解決とサーキュラーエコノミー(循環型経済)の推進の支援に向けた継続的な協力関係の下,ミュラがダウのドイツ・ベーレンの拠点に,プラスチックのアドバンスドリサイクル設備を新たに設置する計画を発表した。

ミュラのHydroPRS™アドバンスドリサイクルプロセスは,超臨界蒸気(圧力と温度が上昇した水)を使用して,これまで「リサイクル不可能」とされてきた軟プラスチックや多層プラスチックを含むほとんどの形態のプラスチックを,元の油や化学品に変換することができる。また,同じ材料を繰り返しリサイクルすることができるため,使い捨てのプラスチックを排除し,埋め立てや焼却処分を防ぐことが可能になる。

ミュラの新施設は2025年までに操業開始予定で,フル稼働時には年間約12万tのアドバンスドリサイクル能力を提供することになる。新施設と,欧州と米国で建設予定の他の施設を合わせると,2030年までに60万tのアドバンスドリサイクル能力が追加される見込みであり,ダウはポリエチレン生産のための循環型原料の世界最大の消費者となる見込みである。(’22 10/19)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This