2022年10月5日

2022年度第1回「機能性コーティングの最適設計技術研究会」開催される

アーステック

2022年9月5日(月),2022年度第1回「機能性コーティングの最適設計技術研究会」(主査:上坂 裕之 氏,岐阜大学)が宇都宮大学 陽東キャンパス(栃木県宇都宮市)にて開催された。

同研究会は,日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)。CNx,DLC等の硬質炭素系皮膜および二硫化モリブデン等の固体潤滑皮膜を実用化する上で重要となるコーティングの最適設計技術の向上を目指し,幅広い分野の研究者,技術者が集い,トライボロジー会議でのシンポジウムの開催や研究会での話題提供・討論を行っている。

今回は,Diamond Like Carbon膜をはじめとする表面改質やナノ粒子による低摩擦化技術,接触部位における解析技術にフォーカスし,馬渕 豊 氏(宇都宮大学)が「潤滑油添加剤MoDTCとの反応性を高めたDLC膜,炭素系ナノ粒子による低摩擦化の展望」(写真1),川口 尊久 氏(宇都宮大学)が「スパッタ薄膜を用いた固体表面接触部の測定について」のテーマにて,それぞれ講演を行った。

講演終了後,馬渕 氏(写真2),川口 氏(写真3)の研究室および宇都宮大学 機器分析センター(写真4)の見学会が行われた。見学会終了後は会場を来らっせ本店(栃木県宇都宮市)に移し,技術交流会が行われた。(’22 10/5)

2022年度第1回機能性コーティングの最適設計技術研究会 写真1
写真1
2022年度第1回機能性コーティングの最適設計技術研究会 写真2
写真2
2022年度第1回機能性コーティングの最適設計技術研究会 写真3
写真3
2022年度第1回機能性コーティングの最適設計技術研究会 写真4
写真4

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This