2022年9月14日

DMG森精機,テクノロジーサイクル「チップブレーキング」を開発

アーステック

DMG森精機は,送り軸に振動を与えることで切りくずを分断するテクノロジーサイクル「チップブレーキング」を開発した。

テクノロジーサイクル「チップブレーキング」は,主軸回転と工具の送り軸方向への振動を同期させることで,非切削時間を設けて切りくずを分断する。切りくずが長くなりやすい樹脂や純銅,純アルミニウムでも確実に切りくずを分断することができ,外径旋削だけでなく,溝入れや穴あけ,内径旋削などさまざまな加工方法に対応している。チップブレーキングのプログラム作成はCELOS画面から対話形式で簡単に実施することができ,振動負荷予測機能により安全な切削条件を事前に確認できるため,初めての利用でも簡単な操作で安全に加工することが可能となる。また,後付けにも対応しており,現在使用中の製品にも適用できる。

チップブレーキングの導入により,切りくずトラブルが解消され,切りくずの除去作業が不要となるため,切りくず処理の手間や費用を大幅に削減することができる。さらに,切りくずによる機械停止や加工不良が低減するため自動化システムの導入も容易となり,顧客の生産性の向上をサポートする。(’22 9/14)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This