2022年9月7日

NTN,手首関節モジュール「i-WRIST®」IWSシリーズの可搬性能を向上

アーステック

NTNは,手首関節モジュール「i-WRIST®」の「IWSシリーズ」の可搬性能を向上させた新グレード「IWS-C01」を開発した。

「i-WRIST®」は独自のリンク機構により,手首のようななめらかな動きを実現するロボティクス・モジュール商品。2021年には「IWSシリーズ」を開発し,動作速度の向上や,従来の下向きに加えて横向きや斜め向きなど取付け姿勢を自由に選択できるようにするなど一部の機能を拡張した。今回,要望の多かった可搬性能の向上に対応するため,サイズは従来どおりながら,制御方法の最適化により最大可搬質量を1kgから3kgに増加させた新グレード「IWS-C01」を開発した。最大可搬質量を増加させたことで,従来よりも幅広い種類のエンドエフェクタの搭載や製品の取り扱いが可能となった。既存の「IWS シリーズ」はソフトウェアのアップデートにより可搬性能の向上が可能。(’22 9/7)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

Share This